トム・セーブ(骨付き鶏の田舎風スープ)

トム・セーブ

トム・セーブ(骨付き鶏の田舎風スープ)
ソムタム(青いパパイヤのサラダ)が有名なタイ東北部、イサーン地方のお料理のひとつです。レモンの酸味とハーブの香りがお肉の臭みを消してくれて、爽やかな味わいに仕上がります。辛いものが好きな方は、乾燥唐辛子を加えてもおいしいですよ。
  • 料理時間45
  • 難易度1
  • タイ度3

材料

4人分
鶏もも肉(骨付き) 300g
レモングラス 4本
ガランガー(スライスしたもの 8~10枚
バイマックルート 6~7枚
パクチーの根 2~3本
万能ねぎ 3~4本
パクチーの葉 適量
ナンプラー 大さじ2
小さじ1
レモン汁 大さじ3
粉唐辛子(お好みで) 適量

作り方

  1. 1

    鶏肉はぶつ切りに、万能ねぎは小口切りにそれぞれカットする。

  2. 2

    鍋に鶏肉、レモングラス、ガランガー、バイマックルート、パクチーの根を入れ、1500ccの水を注ぎ強火にかける。煮立ってきたら火を弱め、あくを取りながら約30分煮込む。鶏肉が柔らかくなったら皿に取り出し、残りのスープを網目の細かいザルで濾す。

  3. 3

    ②を再び鍋に戻して弱火にかけ、ナンプラーと塩を入れ、皿に取り出しておいた鶏を戻す。

  4. 4

    味が丁度良ければ火を止め、レモン汁を加えて軽くかき混ぜる。器に盛り、万能ねぎ、パクチーの葉、お好みで粉唐辛子を入れて完成。

レモングラス、ガランガー、バイマックルートは、生のものが手に入らなければ乾燥や冷凍のものを使っても大丈夫です。お肉はスペアリブでも大丈夫です。

このレシピに使用している調味料

  • 24ヶ月もの長期間熟成した最高級ナンプラー
  • 世界中の一流ホテルで採用され、タイ国内では約6割のシェアを誇るトップブランド。


料理方法から探す


ページの先頭へ戻る