基本の生春巻き

覚えておきたい、基本の生春巻きの作り方

hp1018
今やエスニック料理で人気NO.1の生春巻。ライスペーパーを戻し、お好きな具を巻いて甘辛いスイートチリソースをつけていただきます。
今回は、透明度の高い皮から透けて見えるエビの赤がきれいな、ベーシックなレシピをご紹介いたします。
  • 料理時間20
  • 難易度2
  • タイ度2

材料

4人分
タイの台所 生春巻きセット 1パック
しそ(半分に切る) 10枚
万能ねぎ(4~5cmに切る) 10本
鶏のささみ(茹でで裂いておく) 3本
エビ(2~3cmのものを茹でておく) 20尾

作り方

  1. 1

    春雨は透明になるまで茹で、ざるにあげて冷ましておく。野菜とささみ・エビは指定通りに下ごしらえしておく。

  2. 2

    ライスペーパーを1枚ずつぬるま湯にくぐらせ、水に濡らし軽く絞ったクッキングペーパーに交互に重ねてもどす(約1分で戻ります)。もどったライスペーパーは、具を乗せる前に巻き始めの1/5程度のところで折り返しておく。

  3. 3

    折り返した部分に、エビ以外の具を少しずつ順番にのせる。巻き終わりの部分にエビをのせたら、隙間ができないよう、固く巻いていく。生春巻をお皿に盛り、付属のスイートチリソースまたはお好みのドレッシングを添えたら完成。

・ライスペーパーは戻しすぎると食感がなくなり、包みにくくなります。
・巻ききれなくなることがあるため、具は入れすぎないように注意してください。
・生春巻を巻く際は、海苔巻を巻く要領で。空気が入らないよう、しっかりと巻いてください。
※タイの台所生春巻きセットの裏面には図解のレシピを掲載しています。是非お手にとってご覧ください。

このレシピに使用している調味料


料理方法から探す


ページの先頭へ戻る